Suh-Hah

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

中平卓馬 documentary

 中平卓馬 documentary

2箇所同時開催の写真展と写真集

中平卓馬の写真を評して、あるがままの世界を、というような表記を多く見る昨今、そんなんじゃあねぇだろう、と、言いたくなる
どこがどうあるがままなんだ
あんたは毎日、こんな世界を見ているか?

人間の投げかける凝視から、世界というものの実質は、言葉や、経験や、記憶や、習慣や、クセなど、ありとあらゆる障害によって守られている、もしくは、人 間の凝視は、言葉や、経験や、記憶や、習慣や、クセなど、ありとあらゆる障害によって妨げられていて世界の実質に届かない。
見る前にすでに記憶がある。参照すべき情報がある。
よって、世界それ実質を僕らは見てはいない。世界の手前までで僕らの視線は自らの言葉や、経験や、記憶や、習慣や、クセなど、の障害に出会い、止まってしまっている。
だけれども、ふとした光の加減、角度、により、世界と僕らの間にある障害が置き去りにされてしまうときがある。思わず実質が見えてしまうときがある。
そのとき、僕らは世界と対峙する。何度も見て来たはずのものを初めてみるかのように見ることになる。そして、以前に見たものと同じものなどはない、という自明のことを思い出す。
その凝視と世界との直接のぶつかり合い、中平卓馬は、それをとらえている。
だから、ここにあるのは、見栄えのする構図や、美しいと感じさせるような絵ではない。
出会う、その隙間。言葉や、経験や、記憶や、習慣や、クセなど、ありとあらゆる障害が幾重にも折り重なって隠されているその向こう側が、思わず見えてしまったその隙間。
思わず身体が硬直してしまうような、その場面。
中平卓馬が撮影しているのは、まさにそのような瞬間なのだ。

だから、中平卓馬の写真は、写真展には向かない。

かつて、写真はその複製可能性に本義がある、とした中平卓馬が、大量複製される印刷物をその最も適した媒体に選び、オリジナルが存在するプリントによる写真展を否定したのとは異なる理由で、写真展には向かない。
一枚一枚との出会い、凝視のぶつかり合いが保存されている写真は、一枚一枚と出会うべき写真であり、水平方向に広がり続け、となり同士の写真が視覚に影響しあう写真展、というメディアは向いていない。
中平卓馬の写真展で、写真を鑑賞するには、左右の写真が気にならないくらいの距離まで近づくことが必須となる。

んでは、言葉に代表されるあらゆる経験則を置き去りにして写真を撮っているのは、優れた写真家ってぇのには、そういう人は他にもいるんじゃあないの?とい うのもあるかと思うけれども、確かにその通りで、優れた写真家は、経験則から自由なところで、初めて見たものを提示してくれる
そこにどういう違いがあるかというと、それは、優れた芸術家の描く、造形する、そういうものが、初めて目の当たりにしたような美しさや感動や感情や文脈やらを定着する、ということと、マルセルデュシャンのやったこととの違いだ。

中平卓馬は、だから、デュシャンなのである。レディメイドである。

と僕は今のところ結論づける
写真 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

書き捨てる分の文

 久しぶりに更新しようかしら

文章を書きたくなったのだ

頭が悪くなってしまう前に
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Animal Collective の MySpace

誰も僕のことになんて興味ないっていうのを重々承知で、しかも、別に何かを主張するわけでもなく、僕個人が、現在進行形のバンドで最も興味があるバンドは、っていうと1にアニマルコレクティブ、2にNo Neck Blues Band

んで、その、アニマルコレクティブのMySpaceにアップされてる、ライブの映像がやばい

超かっこいい

楽譜を演奏しているというよりは、今まさにメロディーが、リズムが立ち現われて来ているかのような演奏

生まれたばかりかのように見える楽曲

こういうように、僕はなりたいよう

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

あーやりづらい

せっかくやる気を出してブログなんかを再開しておったのに、
ここの管理者画面が大幅に改造されて、
気が利かされて使いづらいことこのうえなく、
やっぱり道具というのはいつだって、最低限でいい、と、僕は思うのであって、
倉庫一杯の工具、なんかよりも、あるもんでなんとかやっちまおうぜ、誤魔化してしまおうぜ、
あるもので誤魔化せないのなら、そらもう、俺のものじゃあねぇよ
勝手になりやがれ

ってな具合で生きているのであるからして

だから、カメラマンのアシスタントなんて決して向いてないのですよね

あるもんでなんとか誤魔化そうとしたら、ちゃんと然るべきもんを使えこらボケってなるんだ

まぁ、つくカメラマンにもよるけどさ

しらねぇよ カメラマンの好みなんて クソでも食らえ

まぁいいや
そんなそれそれた話しはそらしてしまって、
言いたいことなんかありゃしねぇんだよ

ここまで読んだ心優しい人、騙されたって気持ちがちょっとはわかったか
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

気狂いピエロ [DVD]

評価:
ジャン=リュック・ゴダール,ライオネル・ホワイト
¥ 4,900
(2005-07-16)
「信じるよ嘘吐き」
だなんて台詞が素敵だぜ ゴダールはやっぱり言葉と映像と音楽と、色々が美しいですよね ランボーの詩で終わるラストも素晴らしい

海か大きい河かわからんけど、盗んだ車でつっこんでいく せーっかく盗んだのに

そう、久々に見て思い出した ゴダールは、自由だ

こと、映画において、ゴダールほど束縛されない、むしろ、自ら進んであらゆる束縛を利用する、皮肉だよ、現代において、僕はやっぱり彼ほど偉大な人はなかなかおらん、と、切に思う

どっかの誰かが、ゴダールの自由は本当の自由だから、本当の自由を知らない人には解らないかもしれない、だなんておっしゃってましたが、まさしくそれだね それだと思うよ

そして、本当の自由っていうのは、社会が許さないとかいうレベルじゃあなく、世界の成り立ちであるところの物理や、身体の成り立ちであるところの生理、というレベルから許さないものなので、最終的には、破滅へ向かって行く、逆に、破滅へ向かって行くことを恐れるから僕らは本当の自由を得るための才能うんぬん以前に資格を持ち合わせてないわけで、本当の自由が欲しければ、破滅へ向かっていくことを極々自然に受け入れなければならんわけで。ていうか、破滅衝動は、すでに一種の自由をはらんでいる。

ここで更にヤンシュヴァンクマイエールを出すと、彼の言う、本当の自由を得るためには、母なる自然にすら反抗しなければならない、という発言からも、本当の自由が、そもそも破滅を含んでおって、更に、破滅からも自由でありたい、っていうほどに極限にわがまま、そして、その極限なわがままこそ本当の自由なんだろうけれども、逆に言うと、ゴダールのように、破滅を受け入れる、っていうのは、一番最後の部分は諦めている、諦めているから、そこの部分以外の完全な自由を享受するわけですが、最後のそこまで諦めずに極限にわがままをつらぬくなら、母なる自然にすら反抗せなならんのですよ、というその答えに至るわけですな

自由っていうのは、権力から、圧力から、とか、そういうことじゃあないですよ

言ってみれば、自分を限定している最強の留め金は、自分自身なわけですよ 思い込み、勘違い、あらゆるもの。

つまり、最も重要なことは、明晰な視力、思考、透徹な考える力ですよ
そして、それさえ備われば、あらゆることから自由になることは、既に達成されたも同然、というか、自由でないと、それは達成できないわけで、自分の自由の拡張、それにたいする明晰な理解、理解による自由の拡張、その理解、とまぁ、そんな具合に視力の透明度をあげていくしかない それ自体が自由の達成に至る唯一の道
って、今度はカミュみたいになってきたね シーシュポスの神話。

これを妨げる最悪のものが常識、みたいなもので。常識、真面目、良識、形容詞、接続詞、そういった様々なものが、僕たちの目の透明度を下げる。
そういうものこそまさしく会社で僕が毎日のように植え付けられているもの 目の濁った人間じゃあないと扱いにくいというのは、これは真実であるから
 だから僕はもうやれんくなる 透明度、それだけが僕の唯一の財産、であったのに、毎日、こうも濁ってくると、全部どうでもよくなるほどの悲しみがストレスとなって現われてくる

というわけで、あらためて、僕はカミュとゴダールとシュヴァンクマイエルが好きなんだ、そしてその理由、というものを再確認する、に、至った
- | permalink | comments(0) | trackbacks(211)

写真新世紀

今年ももうすぐ写真新世紀

作品を、あとは出力するだけなんだけれども。
ブック形式にするけども。

どーも、やることがたくさんあると、モチベーションがあがらん

あの娘と遊びにでかけたい!あれを作らないといかん!などなど、ひとつに絞りたいなー
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

ヴィデオを待ちながら


ヴィデオを待ちながら


見て来た

すばらしーね!

っていうかね、良い作品がたくさんあり、久々に、スカーッとしたよ

ナイマンのかっこよさを始め、おそらく、ビデオ作品的なもので、大家ったらへんだども、有名どころがずらーりとそろっておって、ビデオアートなんかみねぇよ、だってダリィんだもん、と、思う僕も、ちゃんと見ましたよ

けれども、やっぱりビデオ作品としても、画面を目にしてから、5秒くらいで全容が明らかになって、思わず足を止めて見入ってしまう、そういう作品が好きだったね
理解するのに時間がかかる作品なんて僕はすかんよ

友達が、最後の作品がやべぇぞ、って言ってたんで、最後にあった作品を気にしてたんだけれども、なーんかよくわからんし、もう時間だ、出てけってうるさかったもんで、出ようとしたら、出口にもう1つ作品があって、これが確かに本当にヤバかった!!
- | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

スエリーの青空 [DVD]

期待したほどじゃあなかったなぁ
悪くはないんだけれども、最後まで、かったるいなーという気分が抜けなかった
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

バレエ・カンパニー [DVD]

なんじゃこりゃ?

意味がわからん

なんなんやー困惑する

バレエダンサーが怪我をする、代役が立つ、それで終わって、怪我した人は包帯巻いて袖にいる、え?何かもう一言ないの?みたいな
年越し、シェフの彼氏は家で料理を作って待ってくれてたのに、バレエダンサーの彼女は遊び惚けて、帰ってきたときには彼氏はソファで寝てしまってた、机の上には冷めた料理、水浸しなワイン、彼女は、彼氏のソファの腕にくるまれて寝る
んで、次に現われるときには、バレエの終演にもう花束を持って現われてる彼氏
え?何かもう一シーンなかったの?みたいな。

めちゃくちゃマイペースだよ 参っちゃうよ あ、何か大事件かと思ったら、そうでもないのね?っていうことだよね?心配させないでよー
って終わる

ただ、最初の方の、バレエ屋外公園で、途中から雷が鳴りだして、突風が吹いて、雨が降って、っていうシーン、これは素晴らしかったなー 音楽を止めてもよかったんじゃあないかしら 雨の音、地鳴る雷、突風、ふきつける雨粒、枯れ葉、の中でひたすらに踊る、なんてぇ素晴らしいじゃあないかい ねぇ 音楽いらん
映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(20)

彩宴



彩宴

なんだよ 対照だから佐内かと思ったら高橋恭司じゃあねぇか
4000円もはらってクソつまんねぇ写真集を買ってしまったぜ
↑の一枚だけが素晴らしい あとはクソ写真
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)