Suh-Hah

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust

素晴らしいのは一曲目

あとは、アコースティックな世界観は確かに美しいし物語やらドラマやら、北国の薄曇り空って、なんだか肌色を含んでいるよね、っていう感覚が、僕にはあるんですけれども、そういう感じ?冷たい雪の白、色濃くなく青を被って物憂い緑色、枯れたような大地のカーキ、深い深い土の色、とかの上に広がる、雪と雲とでほとんど色をはらわれた、彩度の低い夕焼け色のうすーい金色、とかを感じさせる、映画的な視界、横に倒れ落ちてしまいそうな、気持ちの軽さに比べた肉体の実質的な重さ、を思い出すようなところ、もあるのだけれども、残念ながら、その景色は母国ではないんだ、僕には、っていうようなスレ違いを感じてしまうのですです

良いんだけれども、憧れに近いもので、自分の中身との距離感を埋められない、どうしても他人事の美しさなのだなー

そんななか、一曲目は、アニコレっぽい祝祭感、この一曲だけずば抜けて素晴らしい!肉体的だからね!良い音で扉を開け放って聴きましょう
音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

Black Habit

評価:
Rings
¥ 1,149
(2008-01-15)
アニコレのレーベル Paw Tracksからですがこれがまた良いんだ

アニコレよりも、アニコレ周辺が最近は良い気がする

エイビーテアのソロとかパンダベアのソロとかジェーンとかね

アニコレも良いんだども、最近はポップ過ぎる気がする
かっこいいんだけどもね 切れ味が足りん

このアルバムはっていうと、オーガニックっていうとあれかもしらんけども、サイケデリックでありつつ、オーガニックでありつつ、優しく、けども、バッドトリップ気味な、ジャケットとは全然違う感じの音楽でありまして、かなりナチュラルな印象を持ちました 僕は
音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(8)

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番

評価:
アルゲリッチ(マルタ),ラフマニノフ,チャイコフスキー,シャイー(リッカルド),キリル・コンドラシン,ベルリン放送交響楽団,バイエルン放送交響楽団
¥ 895
(2005-06-22)
アルゲリッチのラフマニノフ、ピアノ協奏曲三番が聴きたくて買った

なんたるロマンティシズム、激流のような感情のうねり、このヒステリックさは、女性のピアニストだからか、余計に強烈に感じられる
神経をかきむしるようなところから桃源郷の光の洪水、とにかくまぁ、素晴らしいですよね

最近、友達と話してて、なんつうか、簡単に言うと、感動の量に、差があるなぁ、と、感じることが多い それは、バカみてぇなくそったれサラリーマンとの付き合いばかりだからかもしれませんが、まぁ、それはそれで良いんだけども、や、よくはないか、あいつら、本当に感受性が欠如してんじゃあねぇのか?っていうか、感情の揺れ幅が少ないっていうかね、僕だけ異常に感情が揺れてる、僕の感動を言葉にしたら、はは、変な人、ってぇな扱いを受ける事しばしば。

お前がその音楽をどう分析したか、とか、どこが新しいと思うか、とか、売れてる理由とか、時代っぽさとか、そんなもんはどうでもいいんですよ、くそくらえ。お前がそれと接触したときに、どう反応したか、できるか、それだけなんですよ、だから、本当にくだらない事を勉強する前に、自分の感情を、気持ちを、微細な襞を、存分に味わってみなさいってんだ

まぁ、麻痺させる部分は麻痺させとかないと、生きるのが辛くなるけどもね
音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(2)

フリーホイーリン・ボブ・ディラン

これも説明は不要でしょう
二枚一緒に買いました 良いですよねー
この、ジャケットの幸せと、寒さに耐えている感じ、と、よくできたジャケットじゃあないですか
音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(2)

ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム

ヘーイミスタータンブリーンマーンが入ってるので買った

the Byrdsのカバーの方しか聴いたことなかったでのう

んで、やっぱりディランは最高なわけさ

説明はいらないでしょ?
音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(14)

TMGE 106

評価:
チバユウスケ
¥ 1,910
(2000-12-13)
はい、失恋しました

僕は、この歳で思いっきり失恋しました

あー可愛い可愛いあの子よ 僕の横にいてくれたら僕はどれだけ嬉しいでしょうか
でも、僕は一人です

本当に青春まっさかりの僕は、めっちゃくちゃふった雨の日に、傘をたたんで、眼鏡を外して、荒川沿いの道を自暴自棄に爆発しそうな感情を、無音のまま、解放していました
そのとき僕はゲオでレンタルしたこれを爆音で両の耳につっこんでました
世界の終わり、の、歌詞の
「ちょっとゆるやかに だいぶやわらかに かなり確実に 違ってゆくだろう」
というのに、苦しくなってました はい 苦しくなっておった

イヤホンを外すと、雨の音、風の音

JRが光る虫のようにトロトロと視界をさえぎり、減速した新幹線が轟くような低音を雨と地面のわずかな隙間から空間をビリビリさせておりました
パチンコ屋のサーチライトが、雨の中にちゃちい虹を作っておりました
視力のほとんどを失った裸眼の僕は、ぴんぼけのマンションの光が遠く輝く中、足の裏の感触だけを便りに、びしょびしょで歩いておりました

感情の塊になっておりました 恥ずかしいほどにね 僕は、実は、そういうやつなのです

恋をすると、自分は世界の主役かと思えるよね
そんなことはないかな?僕はまだ十代のころと代わらず、駆け引きも出来ずに恋をしてしまうんだぜ
音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(31)

aleph-1

評価:
アレフ-1
¥ 2,375
(2008-03-14)
ラスターノートンは良いねー
しかし、これが出てから一年か 買おう買おうと思ってたら、気づいたらこんなん経ってたか

ラスターノートンの前身たるところのラスターかノートンか、どっちゃかの主催者であるしアルヴァノトやら、はたまたインスタレーションでもかっちょいいのをぶっぱなしてくれる、カールステンニコライのことですよ、つまりは。の、アルバム

けど、昔聴いたときほどの感動は今はないなー

んー何でだろう 欲している養分が変わってきたのでしょう
音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(3)

Women

評価:
ウィミン
¥ 1,890
(2008-12-24)
現在2008年におけるポストパンク

なんや むしろそれは古いんやない?って思うよね
僕もそう思います

けれぇども、なんやようしらん、かっこいいんですよね ひねくれてて

まぁ、オリジナリティーの高い、ポストパンクやけどもシューゲイザーやらサイケデリックのフレイバーがかかっててね、良いと思うよ

これを買わないと時代についてきてねぇぜ!っていうような内容ではないけどね
音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

バッハ:フーガの技法

評価:
グールド(グレン),バッハ
¥ 1,497
(2000-11-01)
これは驚いた

グールドのオルガンってぇのだから、どんなんかって思って楽しみにしていたのだけれども、感情もない、興奮もない、ある意味、ひたすらミニマルですよ

これは聞流せないっていうか、聞流したら意味が全然わからん
一音一音を大事に聴いて、その構造をつかんでいかないとだめな音楽ですね

人間、最初は感情と欲望で生きていて、段々と人生の奥深さや優しさを知ってきて、
最終的には、死という絶対の前に、自分の一個人の問題よりも、例えば永遠である数学的な世界とかそういうのに、あこがれを抱いたりするのかな、
なんて、ことを思ったりしたのです ああバッハ
音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

non texique lost



1980年代当時、300枚限定で発売されたノイズアルバムが、
300枚限定で再発

こんなん見つけたら買わないと、次はないでしょう

手作りなジャケットもいいけれども、音楽がやばいかっこいいね

同じような時代ですと、ノクターナルエミッションとか好きですが、
こいつぁ良いよ

だるい感じ、性急な感じ、醒めてるのと興奮、ループ、ノイズ、つまりジャンクな
アルバムなんだけれども、知性を感じさせる そこが素晴らしい
ノイズアルバムこそ知性がないといかんのです

てか、ノイズアルバムですら、知性がないとつまらないのですよ

音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(2)