Suh-Hah

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

東京飄然 ・ 正直じゃいけん / 町田康

東京飄然
東京飄然
町田 康

 これはよくないよ
 なんだそりゃ 言いたい事はちょっと。けど、締め切りもあるし、指定された文字数もあるし、って場をつないだかのような文章のオンパレード
 うすい。もっと濃い〜のが町田にはあるのに。こら酷い


正直じゃいけん
正直じゃいけん
町田 康

 んで、うってかわってサイッコウの町田節!おもしろい おもろ だぼ!読むべし 暇なら。読むべし。あやしかりけるーーーーーーー
書籍 | permalink | comments(0) | trackbacks(3)

夢の温度

夢の温度 1 冬 (1)
夢の温度 1 冬 (1)

夢の温度 2 はる (2)
夢の温度 はる (2)

夢の温度 3 夏祭り (1)
夢の温度 夏祭り (3)

夢の温度 4  (1)
夢の温度 4 あき (4)

南 Q太


 漫画喫茶でバイトしてるので、漫画を結構読む
書籍 | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

町田 康 / 浄土

浄土
浄土
町田 康

 いやっはは。知らなかったよ、新刊出してたの。買うたろ、読んだろ。ってんで、池袋ジュンク堂にて購入

 いいなぁ、あ、これ、短編集なんだども、まだ一個目の話しか読んどらん、っちゅうのに、前作であるところの「告白」その前の「パンク侍〜」がかなりの中身のある長編小説だったので、久々の短いストーリーでわくわくどきどきなわけだったのですが、抱腹絶倒!ひっひっひ、と嫌な笑い声で夜中にベッドの上で悶えながら、あんたぁ、すげぇよ、ってんで、もう町田無くして生きていけない ライフスタイルだ 町田の言葉のリズム、リディムが、俺の心拍数と全く同じ ははっ 連続した瞬間だけ、物語なんてクソ食らえ!
書籍 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

中原 昌也 / マリ&フィフィの虐殺ソングブック

マリ&フィフィの虐殺ソングブック
マリ&フィフィの虐殺ソングブック
中原 昌也

 なんじゃらほい まだ途中までしか読んでないけど

 これがアヴァンギャルド?ってんなら、文学界も停滞しとるなぁ〜、とは思うけども、しかし、まぁ、面白い アンチ物語っちゅうか、瞬間だけが輝いてる感じは、ジョンライドンと町田康を崇拝する俺にとってはすばらしい
 んで、何の役にも立たない 読み終わってから、何か衝動にかられるわけでもない リズム、ビート、めんどくささ、があるだけ、そういうトコも、好き
書籍 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

美の呪力 / 岡本太郎

美の呪力
美の呪力
岡本 太郎

 素晴らしい!ホントに良い本を読んだ いや、まだ読んでる途中だけども 根源性、始原性、表現の根幹に関わる部分にヒントを与えてくれる
書籍 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

遊学(1) / 松岡 正剛

遊学〈1〉
遊学〈1〉
松岡 正剛

 先日、神保町へ行った際、買った本の一つなんだけども、結構面白い 知らん人名がたくさん出てきて、全然意味わからんのだけども、そういう知識・教養の部分でなしに、間間に見られる抽出され選りすぐられ醸造された言葉の数々は、インスピレーションの塊。たまにはこういうのもいい

 例えば、誰の話だったか忘れたけど、四句否定

 「りんごがある、とも、りんごがない、とも、そのどちらでもある、とも、そのどちらでもない、とも、言えない」かな?
 ここまで徹底的に否定されると気持ちいいね じゃあ、何も言えんやん 沈黙が正解?ははっ よーわからんが、面白い
書籍 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

町田 康 / 告白

告白
告白
町田 康

 一週間かけて読んだ 町田らしくなく600ページに及ぶ大作

 素晴らしいの一言

 読後、余韻に浸り、本を閉じ、ふとタイトルに目をやる。告白。やられた。完璧だ。

 俺らは、人生において、未だに一度も本当のことを言ったことがないのではないか?じゃあ、本当のことを言おうと思って、果たして言葉は出てくるのだろうか?

 あかんではないか。

 兎に角、言葉のセンスが相変わらず抜群 「臼」や「白いイルカ」など、常人は絶対に思いつかない使い方で出てくる
 そして、読ませる力、文章構成、心理描写など、完璧過ぎる
 前作の「パンク侍、斬られて候」から既に吹っ飛んでた 過去の作品を読んでて、あら?何かパワーダウンしてない?とか思ってた自分がバカだった パンク侍に続き、今作、告白。とんでもないもんを書いたもんだ

 パンク侍は、中島らもが言うように「何の役にも立たん そこが最高」な作品だったけども、告白は、ひとつの伝記のような具合でもある 実際、河内音頭のスタンダードナンバーらしいですし 河内音頭て知らんけど 「人は何故、人を殺すのか」 そんなもんはこの作品の語ってる内容に比べたら屁のような疑問だ
書籍 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

町田康 / 告白

告白
告白
町田 康

 いや〜待ちに待ったマ〜チダさんの新作長篇!まだ読んでない!てか、今、知った。今、出てたことを知った 出たばっか

 4月2日にサイン会がある!絶対!行く!行くから!東京上京しょっぱなからミュージシャンとしても作家としても、最高レベルに憧れるマ〜チダさんに、会えるだなんてぇ、僕の東京ライフは、こいつぁ良い出だし 快調!極めて!
書籍 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

刺激が欲しくてたまらんの〜

 井尻ツタヤで今日も本を買った バカな教授の相手や、意味を成さない卒論なんぞをやっとったり、民法の番組のあまりにもの質の悪さにイライラしたりしとったので、そういうときは、良いものを読み、聴くのが最高。映画も見たいな

「延長戦に入りました」

 ボブスレーの二番目の選手は何をしているのか?っていう絶妙な視点のズレがたまらんく面白かったのと、スポーツに鈍い自分に、もうちょっと運動への開眼をさせたろう、と思って。

 ついでにレンタル半額セールやっとんので、ごっそりレンタルってきた 11本を当日レンタルで借りると880円で借りれる。最高!多いのでまとめて一言コメント

BLONDIE / BEST OF BLONDIE
 いや〜ポップ だけど、この元気のでるポップ具合は好き 聴いたことある曲がたくさんあるし。

Vanessa Paradis / Vanessa Paradis
 当時の彼氏レニー・クラビッツプロデュースなので英語詞。だから音もロックで、フレンチポップっぽくないから、この辺からフランスへ入ると楽?しかしフランス人の声は射精もの。

Ian Brown / Golden Greats
 元Stone Rosesのボーカルのソロ2ndアルバム。色々と面白いことをやってて、グローバルな音を使ってて好き 

Our Love to Stay / Our Love to Stay
 今時やね。昭和ジャズに昭和歌謡っぽい感じ?で、お洒落っぽい?てな。流行ど真ん中ですか。この流行には、ビョークGling-Gloでやったようなことを皆で今更やってるような気もしますが、でも、いいよね〜。

Elvis Presley / ELV1S 30 #1 Hits
 かっこえぇなぁ… エルヴィス… ケースの中にある裏ジャケの裏のとこに「Before Anyone Did Anything, Elvis Did Everything」なんて書いてある かっこえぇなぁ… セックス・ドラッグ・ロックンロール 悪魔の音楽!チャック・ベリーも最高だけど、エルヴィスはキングオブロックだよ、ほんと。チャックは俺的にはパンクやしね。早過ぎ過ぎたラモーンズだよジョニビグー!

BLaCK eyeD PEAS / BeHIND tHe FrOnt
 良い具合のヒップホップ この次のアルバムからのほうが良いらしいけど、俺はこれも悪くないと思うがね 次はセカンドを聴いてみようかしら

Underworld / A Hundred Days Off
 エレクトロニカはAphex Twinのせいで一時期はまったのだけど、最近は飽き気味。これは歌ものもあって解り易め

SADE / PROMISE
 アーバン。いいねぇ。あーばん。皆も一緒に、あーばん。ジャズ?ブルース?あーばん。

MAXWELL / Maxwell's Urban Hang Suite
 これはタイトルがアーバン。一曲目のJBばりのカッティングでやられた。かっこいい!かっこいい!かっこいい!セクシー!男の色気、22歳でこんなヤバイ色気を出せるのか?

Quincy Jones / The Dude
 なんたって、一曲目、♪愛のコリーダ〜って日本語で歌うのが日本人としては嬉しくもあり、大島渚だよね?すげぇ しかし、こりゃ名盤だ 聴け!

original sound track / Shine
 これは映画が素晴らしい!この映画を難しいっていう人がたまにいるのが、俺には不思議でならん。音楽の美しさと実話ベースの壮絶な人生があいまった素晴らしい作品やと思うのになぁ。多くのヨーロッパ映画に比すれば、普通か解り易過ぎるくらいだと思うんだけど。
 まぁでも、俺よりも映像を見てそうなまさやんやケンゾーも難しいって言ってたし、単純に好みの違いなのかもしらん。感動は必ずしも共有できるもんじゃないね まさやんにはアホゥのように散々言われました…。amazonでも良い評価なんだけども、俺の周りでは不評率高しです。
 しかしまぁ、スピルバーグも絶賛、とか、そういうのは別にして、俺が見た映画の感動部門のトップ3には入る映画。んで、このサントラ自体も良いよ ヘルフゴットの弾くラフマニノフの迫力と緊張感といったら!ヘルフゴットのCDが欲しくなってきた
書籍 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

天狗の落し文

天狗の落し文
天狗の落し文
筒井 康隆

 僕は筒井康隆の小説を読んだことは無い。彼が書いたもので初めて手にしたのがこの本だ。
 356編のショートショートからなり、しかも文学史上初の使用権フリーの全作盗用自由、というなんともユニークな本。
 筒井氏が、脳内から黒雲の如く湧き出たアイデアをノートに書き留めたそのままが列挙されているような、まさに原石の陳列。1編が数行のものからあるので、空いた時間にぱらぱらと繰り返し読めるっていうのも嬉しい
書籍 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)