Suh-Hah

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

中平卓馬 documentary

 中平卓馬 documentary

2箇所同時開催の写真展と写真集

中平卓馬の写真を評して、あるがままの世界を、というような表記を多く見る昨今、そんなんじゃあねぇだろう、と、言いたくなる
どこがどうあるがままなんだ
あんたは毎日、こんな世界を見ているか?

人間の投げかける凝視から、世界というものの実質は、言葉や、経験や、記憶や、習慣や、クセなど、ありとあらゆる障害によって守られている、もしくは、人 間の凝視は、言葉や、経験や、記憶や、習慣や、クセなど、ありとあらゆる障害によって妨げられていて世界の実質に届かない。
見る前にすでに記憶がある。参照すべき情報がある。
よって、世界それ実質を僕らは見てはいない。世界の手前までで僕らの視線は自らの言葉や、経験や、記憶や、習慣や、クセなど、の障害に出会い、止まってしまっている。
だけれども、ふとした光の加減、角度、により、世界と僕らの間にある障害が置き去りにされてしまうときがある。思わず実質が見えてしまうときがある。
そのとき、僕らは世界と対峙する。何度も見て来たはずのものを初めてみるかのように見ることになる。そして、以前に見たものと同じものなどはない、という自明のことを思い出す。
その凝視と世界との直接のぶつかり合い、中平卓馬は、それをとらえている。
だから、ここにあるのは、見栄えのする構図や、美しいと感じさせるような絵ではない。
出会う、その隙間。言葉や、経験や、記憶や、習慣や、クセなど、ありとあらゆる障害が幾重にも折り重なって隠されているその向こう側が、思わず見えてしまったその隙間。
思わず身体が硬直してしまうような、その場面。
中平卓馬が撮影しているのは、まさにそのような瞬間なのだ。

だから、中平卓馬の写真は、写真展には向かない。

かつて、写真はその複製可能性に本義がある、とした中平卓馬が、大量複製される印刷物をその最も適した媒体に選び、オリジナルが存在するプリントによる写真展を否定したのとは異なる理由で、写真展には向かない。
一枚一枚との出会い、凝視のぶつかり合いが保存されている写真は、一枚一枚と出会うべき写真であり、水平方向に広がり続け、となり同士の写真が視覚に影響しあう写真展、というメディアは向いていない。
中平卓馬の写真展で、写真を鑑賞するには、左右の写真が気にならないくらいの距離まで近づくことが必須となる。

んでは、言葉に代表されるあらゆる経験則を置き去りにして写真を撮っているのは、優れた写真家ってぇのには、そういう人は他にもいるんじゃあないの?とい うのもあるかと思うけれども、確かにその通りで、優れた写真家は、経験則から自由なところで、初めて見たものを提示してくれる
そこにどういう違いがあるかというと、それは、優れた芸術家の描く、造形する、そういうものが、初めて目の当たりにしたような美しさや感動や感情や文脈やらを定着する、ということと、マルセルデュシャンのやったこととの違いだ。

中平卓馬は、だから、デュシャンなのである。レディメイドである。

と僕は今のところ結論づける
写真 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

イシャイ ガルバシュ



ワコーワークスオブアートにて

んー重いねー

戦争で、あっちこっち、大変苦労をされたおかんの足取りを辿る、という写真集なのですが、一人の人生を追いかける、何を見たのだろうか、ということを追いかける、とてもすてきな旅だと思うのですが、展示より写真集で見たいですよね、内容的には。ただ、写真の強度、かつて誰かが見たものを追いかける、ということは、視覚の再体験的な要素が必要になってくるわけで、そうするとプリントの強度、は、写真展並みのものが欲しくなるわけですよね
これは、こまるね しかし、ちゃんと文章は読まず、さわりだけ読んだんだけども、そういう読み方のほうがいいのかもしらん、と、思ったり 古屋誠一のおいかけかたとはまた違うおいかけ
写真 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

a girl like you 君になりたい。

今更だけれども、これを買った

もう四年前の代物なのですね

トラブルインマインド以来、僕の最も重要な写真家の一人になってる佐内さんですが、はっきり言って、トラブルインマインドの色は、彼より一年は早く、僕は桜の写真でやって展示もしとるわけで、ダストの中に出てくる、フレームと写真の関係が入れ替わってるやつも、どうように彼よりずっと先にやって展示やっとるわけなんだがね

ちきしょう

まぁ、そういうわけで、俺の真似をする男、佐内、は、しかしやっぱりかっこいいんだ

小山泰介のやってることなんて、佐内はとっくに含んでいるわけで、んで、やっぱり、こう、ギンと張った弦を、ジャキーンとメタリックに、フェンダーテレキャスターかきならしとります、ってぇな、音、斬る音、みたいな音、が、佐内の写真ではなっておって、それがロックで、君は、トムヴァーラインのギターは好きかい?もしくはジョーイサンティアゴの気の狂ったギターにしびれるかい?だったら佐内を見るんだぜってな感じですよ、ほんと
写真 | permalink | comments(0) | trackbacks(3)

Unfinished Dissertation: Or Discussions With Oneself

評価:
Boris Michailov,Boris Mikhaylov,Alexis Schwarzenbach,Margarita Tupitsyn
¥ 10,850
(1999-02)
ボリスミハイロフの写真集なわけですが

I Look at waterの、ちょっと気を抜いた、っていうと失礼か 別に気が抜けてるわけじゃあなく、白黒で印刷も眠いので、えぐみがないだけで、読みはしない英文が写真に手書きでそえてあったり、なんつぅか、もうまったく一言も知っている言葉がありません、みたいな国の映画を見た、そんな気持ち 僕は好きなんだけれども、どうしても深くは潜れず、潜る手前で弾き返されるのはやっぱり言語が通じない感覚なんだなぁ、君が笑ってるのはわかった、それはとても嬉しいよ、でも、君の言った言葉は何一つわからなかったな、そんな、外国で出会った魅力的な美しい女性と共有した10分くらいの気持ち、みたいなね あはは わからんよなー 個人的には、イタリアで、ピサだかフィレンツェだかどっかからミラノとかに向かう電車の中で、相席した女性、英語は話せない、って言ってたけれども、ずっと読んでいた聖書を見せてくれた、小さいときの写真が挟んであって、これが私、と指をさしていた、とても美しい女性だった、っていうような思い出を思い出しつつ書いているのだけれども、あぁ、美しい記憶だなぁ、光はあのとき青い光だった、イタリアの青空が車内に投げる光の色だったんだ って話はそれましたけれども、そういう感覚に近いかなぁ 
君に近づきたいけれども、言葉が通じない僕たちだから、そのためにはもう愛し合わないといけないね、べいべー、僕とセックスをしよう


何のレビューだか。
写真 | permalink | comments(0) | trackbacks(70)

MODERN LOVERS

評価:
ベッティナ ランス
¥ 15,291
(1991-01)


表紙の女の子の写真にひかれて、思わず買ってしまいました

タイトルが、ジョナサンリッチマンを思い出させますね
ロックンロールウィズモダンラバーズは名盤です
てか、ジョナサンリッチマンは全体的にかっこいい これぞ、良いロック!っていう音楽をやってくれる良い人なので、読者のいないこのサイトを万一覗いた人は、聴いてみてね

んで、この写真集。

男を撮ってるのか女を撮ってるのかわからんくなる、そういう中性的な人々を選んで撮ってるポートレート

背景に溶け込みそうなライティングのされた肌、皮膚、ポートレートを見るのに、性別すら邪魔なものなんだなーと、しかし、性別抜きに話はできないもんだなーと、色々と思う、けど、それはさておき、皆、美しい

自分が本当に美しいと思う人を、美しく保存したい
写真 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

William Eggleston's Guide

評価:
William Eggleston,John Szarkowski
¥ 5,400
(2002-10-15)
んで、これは、いわゆる傑作ですよね

最初の何枚かはちょろいんだけれども、途中からは傑作のオンパレードですよ

なんだろうねーこれは。かっっっっっっっこいいぜ!という表現が一番似合う

かっこいい意外はあんまりないんだよなー

兎に角、人間の写真が素晴らしいんで。だ。
写真 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

境界線13

評価:
頭山 ゆう紀
¥ 3,465
(2008-12-25)
頭山さんの写真集

っても知らん人やけど

友達がひとつぼ受賞したときに、一緒に入賞していた人だから知っている

ちょっと前に、もう一つ別の写真集と二冊同時くらいで出しているんだけども

この暗さ、歪んでるところ、ひずみ、僕らは死体か?

あぁ、いまどき、ある意味、ストレートな写真集だよね スタンダードか?私写真的でありつつ、嫌な夢みたいな味がする、とても少女的なんだけれども、ある意味、ナルティシズムでもあるんじゃあなかろうかね

傑作じゃー!っていうわけじゃあないんだろうけども、今、見ておきたい一冊ですね

こっからの続きが見たいのだけれども、女の人の写真家は、その、続きってやつがないことが多いのです 言語的な思考が、思考の飛躍には必要だと僕は、僕は思うのだ どうだ?
感覚で生きていては、感覚の外の事が測れないでしょう
感覚の外のことを言語で開拓して、その言語の外には、また感覚が突き抜けるんだけども、拡大していくには、言語が必要だと言いたい
ただ、巻末に納められている文章からだと、あまりそういうことが得意そうな感じはしないので、ここがマックスになってしまうんじゃあなかろうか、という気がする
写真 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

うつゆみこ個展「はこぶねのそと」

うつゆみこ個展「はこぶねのそと」


今、一番わくわくさせてくれる人の一人
うつさんの作品は、目にするたびに、毎回良くなっていく。うぉーすげーな!って思ったら、その次の会には、もっと凄くなってる

今道子よりも断然、重要だと思います
今さんも素晴らしいけれども、うつさんのパンクさ、皮肉、無意味さ、ってようするに、ダダイズムの現代版ですよ このコラージュ感覚は、決して飯沢耕太郎の言う幼児体験なんかではすまされないよね 幼児体験、そういう感覚が根源にあるのは全ての偉大なる作家の共通事項です 当然のものです うつさんにずばぬけてるのは批判精神だと思うのですよ 
ヤンシュヴァンクマイエル的な、エロ、グロ、シュール、そういうものは、全て批判をともなって現われる、装飾としてエロ、グロ、シュールなのではなく、原理に忠実であろうとすれば、その行動は奇たらざるをえない、っていうような吉田松陰先生のお言葉がありますが、まさに、それで、ただただ、くだらないことよりも、もう少しマシな本当のことに忠実なだけなのではないかな、と、思うのですよ
写真 | permalink | comments(0) | trackbacks(10)

LeoFitzpatrick

Tinyvicesから
写真 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

彼岸のような

20060402_156385.jpg

 ここから先には世界がない、かのような場所、が、日常の至るところで、ある季節のある時間に、存在する そういう瞬間、場所を見つけると、とてもうれしい
写真 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)